9月20日のGvG
今週は、しるさんちはお休みだったので
急遽、MS(MEペコ連)にお世話になりました。
(30分前のお願いにも関わらず、参加させていただき ありがとうございました。)


主な戦闘は、
A1防衛 対 鷹連 でした。

バリケ3までは、大きな抵抗もできず、
なし崩し的に、突破されていきました。

バリケ3では、いくらか粘りましたが最終的には突破され
鷹がブレイク。

カウンターを仕掛けるものの、
3バリケでシャットアウトされ、転進となりました。


◆雑感
傭兵なので、MEペコの大きな方向性はわかりません。
しるさんちと方向性が違う部分もあるかと思いますが、
個人的に気になったところを。

主に攻め時ですが、以下のポイントが気になりました。
・遊撃に対する脆さ
・EMC後の動き出しの荒さ
・戦闘状況のフィードバックの少なさ(ギルチャ)


・遊撃に対する脆さ ⇒ 自陣を守る意識
鷹の豊富なLK陣に、かなりいいように荒らされたと思います。
阿修羅やクリエなどが、MSに少ない構成だったのかもしれませんが、
あまりにいいように荒らされていたと思います。

また鷹には、金ゴスメギンLKがいました。(メギン1だっけ?)
驚異的な威力と耐久でしたが、対応はあったと思います。
にも関わらず、明確な対応をとらず、
いたずらにフルボッコにしようとしていたと思います。

数人が殴ることで、一時的に足止めはできますが、
取り囲んだ数人は、BBでなぎ倒されていました。
こちらの人数は減っていき、まともな体制も作れぬまま、
戦力を散らされていました。

阿修羅やADS、AXなど、必殺系のユニットは、
前に後ろに忙しいでしょう。
しかし、自陣にとって脅威になりうる存在を、
即座に取り除けるような、位置・行動を強く意識しないといけないと思います。

普段、MSは少数で強固な遊撃封鎖をしていると思います。
それができれば、十分に自陣を守れると思います。



・EMC後の動き出しの荒さ ⇒ 戦力を維持する意識
鷹LKの脅威と、職構成による影響でしょうが、
EMC後の動き出しが荒かったです。

もう少し、自陣を意識した進軍をしないことには、
戦力が分散してしまい、
積極的に前に進んだ人間は、防衛に迎え撃たれて撃沈
置いていかれた本陣は、遊撃を抑えきれずに戦力減少
といいことなしです。

前衛は、進むときは前だけじゃなく後方を意識する。
後衛は、いたずらに足並みを止めないよう、全体の進行速度を意識する。
あとは、教授がLPでしっかりと軍を引っ張っていけば、
MSのまとまりなら、もっと多くの戦力を前に持っていけるはずだと思います。



・戦闘状況のフィードバックの少なさ(ギルチャ) ⇒ 情報共有の意識
攻め・防衛ともにですが、
今、どこ(バリケ2など)が戦場になっていて、
どういう状況(余裕・劣勢など)なのかがギルチャでなかったと思います。

IRCなどで密にやり取りされているのかもしれませんが、
周囲を見ていても、主戦場へ一心に向かうというより、
右往左往していることが多かったように感じます。

どこへ力を入れればいいのかがわからず、
分散してしまい、効果的な防衛ができていなかったように思います。

以前、MSで参加させてもらったときは、
明確な目標や目的が共有されて、
力を入れるポイントも、共有されていたように記憶しています。


すべて、もともとMEペコが出来ていたことだと思います。
偉そうに書いてますけど、
もっとやれたと感じるからこそだと思っていただければ、ありがたいです。

ほんとに、MSには急な要望で参加させていただき、
そのうえ、ギルチャで口を出し、Blogで苦言と 少し申し訳ないですが、
本当にありがとうございました。


今週もみなさん、お疲れ様でした( ・ ω ・)ノシ
[PR]
by luxxecross | 2009-09-23 18:30 | GvG
<< 10月4日のGvG 9月13日のGvG >>