連続
Gv雑記に続いて、今話題の どぐうさんのBlog騒動に乗っかってやるぜ。

SesはBlogが活発 って、色んなところで言われてたけど、
最近、活発すぎて まったく目が通せてない。
くりゅさんのやつとか、今回のどぐうさんのやつとか。

どぐうさんと暁連の話、経緯は全然知らないです。
知らないまま口出しますよーーーー。


どぐうさんは、非常に真摯にBlogに取り組まれていたと思います。

それはBlogのLink作成時に、
とても丁寧にBlogへ コメントしてLinkの報告を行っているところに感じました。
(少なくとも、うちに対してはそうでした)

それは、きっとBlogによる影響について、
どぐうさん本人がわかっていたからだと思います。
(その程度は別にして)

そんな方だからこそ、自分が書いた記事が騒動に発展したことを、
誰よりも責任に感じていると思います。

叱責を受け、謝罪も行いました。
謝ればいいもんではないかもしれませんが、
今回の件については、十分なんじゃないでしょうか?



Gv中の発言は誤解を生みやすいのは確かです。

それでも、俺は 比較的オープン発言してます。
もっと活発にオープンで会話が成されればいいなーと思ってます。
(ログ流れ防止のため、オープン聞こえないようにしてる人が多数いるでしょうけど・・・)

何度か、Blogでも書いてますけど
バスケでも、野球でも、実際のスポーツでメンバーが声を出すことはよくありますよね。

たとえ劣勢でも、「いける。やれる。勝てる。」って声を出すことで、
メンバーや自分自身を鼓舞しますよね。
あれがやりたいんですよねー。スポ根。

あとは、なんかもっとフランクに、
「お前つえーなwwwwwww」、「おまえもなwwwwwwっうぇ」みたいなのもやりたいです。

顔真っ赤はやりすぎにしても、
ちょっと顔真っ赤くらいが、一番楽しいと思うんですよ。
当然、Gv終わったら 後腐れがない範囲で。

ま、その範囲も人それぞれなのを考えれば、
危ない行動なのは確かなんですけどね。

まー、そんなわけで、
オープン発言した暁連の方を批難する気は全くないです。
(超悪意のものなら別ですけど、わかんないですし)

そして、メンバーのために強く訴え出たマスターの方についても、
批難されることではないと思います。


細かい内容は、前述の通り 知りませんけど、
両者のためにも、一方だけが謝罪と対応を行っている(のが見える)よりは、
喧嘩両成敗 って程度にしておいたほうがいいんじゃないかなーと思います。


Blog辞めるほどじゃないんじゃないの ってことが言いたかっただけで、
猛省したなら、猛省した成果を今後もBlog更新で発揮してほしいなーと思う次第です。
[PR]
by luxxecross | 2009-11-03 01:05 | ネトゲ
<< やあ久しぶり 11月1日のGvG >>