6月21日のGvG
どうもどうも。
経験値1.5倍らしいですね。あと、マヤパcがらぐくじA賞とか。
恐ろしいです。

今回のGvは、しるさんち で参戦。


◆流れ
攻め先もないため、N2の城主交代を狙いますが SGRD連が攻めてきたため転進。
次はN1の城主交代を狙い、無事 完了。防衛をスタートします。
SGRD連がN1へ参戦し、直後にSNK連が参戦。
SGRD連は、共闘でぐだるのを避けてか転進。
SNK連と21時半まで戦ってました。
あとは派兵して終わり。


◆N1防衛
左守護石で防衛。
特に書くことはないかな。
いくらか防衛したあとで、じりじりと詰められていき、
後衛陣に相手前衛が到達して防衛線崩壊。
バリケ1へ移動。

バリケ1は広くて、火力集中が難しく、なかなか厳しい戦いでした。
正直、守護石修理のタイミング(→ガディ出現)がよすぎて
なんとか崩れずにいたっていうところですね。

バリケはじわじわと削られるものの、ペースは遅く、
21時15分過ぎにバリケ1を突破されバリケ2へ移るものの、
21時30分には、SNK連は転進していきました。

あとは派兵してB3確保。
B5に挑戦するものの、ブレイクが少し早くなってしまい、
またラストの遅延も時間を稼ぎきれずに、残念ながらひっくり返されてしまいましたとさ。


◆雑感
N1については広いバリケ1を捨てて、バリケ2あたりで戦っても
また違った戦いができたのかもしれません。
ただ、バリケ2だと復帰ポイントが遠いので、
遊撃には辛いところだと思いますけどね。


SNK連は、SdBが特徴的だったかな。徒歩パラ?がぶんぶん投げてました。
あと、MBrと思われる無所属の教授がいましたね。


先週・今週と、いわゆる巧いといわれるMEペコとSNKと戦いました。
地形的にMEペコのほうが密集していたので多く感じましたけど、
数は、実際はほぼ同数だと思います。
圧力としては、後衛にはMEペコのほうが厳しかったんじゃないかと思いますが、
個人的には、SNK連のほうが厳しかったように感じました。


MEペコ連は、バリケ裏を潰してからバリケを破壊するスタンスで、
バリケは削られないものの、気を抜けば一気に防衛線が崩壊するような気がします。

SNK連は、バリケへの攻撃に手を割きながらも、バリケ裏への攻撃も行う感じで、
大崩れの可能性はMEペコよりは低いものの、着実に持っていかれる感じかな。
多分、上記のMBrを使ってJTをバリケに叩き込んでたんじゃないかと思います。

あとは、要所と思われるタイミングでは、
一気に即殺されることが多いように思います。そのへんが強いなー。

まー、こんな感想です。


今週もみなさん お疲れ様でした( ・ ω ・)ノシ
[PR]
by luxxecross | 2009-06-23 11:38 | GvG
<< 6月28日のGvG 6月14日のGvG >>